2010年05月21日

年上9人…オリックス公式チア主将は20歳、テストで抜擢(産経新聞)

【オリックス 2年目のチアリーダー物語】(2)

 オリックスの球団公式チア『Bs Dreams』は発足2年目。スタート時の19人中、1年目からのメンバーは6人。組織の“融合”という観点で考えれば、6人から主将を選ぶのが、いわば普通の考え方だろう。

 「確かにそうかもしれませんね」と今季からの新ディレクター・森下昌子も言う。しかし、実際の選出法は違った。19人全員を対象に、メンバー選出後の1カ月で“主将適性テスト”を試みた。

 練習開始時に暫定の主将を自己申告で決め、3時間の練習をリードさせて、その間の発言、動作を観察。午後6時の練習開始に、森下は1時間遅れで参加。その間は、球団事業部副部長の浅川邦昭がチェック。“外からの目”も参考にした。

 そんな中で、森下と浅川の意見が一致した“適任者”が、20歳の川端彩加だった。川端より年上のメンバーが9人もいる中での選出に「びっくりしました」と川端。

 主将選出と並行し、当初の21人から、2人をカットする方針も明らかになっていた。川端はこれまでチア経験なし。森下の助言で、ダイエットにも乗り出していた。その危機感から「メンバーから落ちるのは、私だって思っていたんです」。

 その一方で、森下と他1人のメンバーも、一緒にダイエット。連日のメニューをメールで互いに報告、川端の意欲をかき立てた。練習場には、川端専用のメジャーが置かれ、ウエストを測るたびに印を入れ、努力の成果は1カ月で5センチ減。森下は、苦労をともにする中で“リーダーの適性”を感じ取ったという。

 練習中に、ダンスのメニューが変わる。川端が森下の横へ駆け寄り、指示を受けると、メンバーに川端が声を掛ける。森下も「空気を読むのがうまいし、感性も鋭い」と信頼を寄せる。「主将をやっていくことで、自分を変えられる…と感じています」と川端。その前向きな“20歳のリーダーシップ”が、チームを着実に熟成させつつある。(喜瀬雅則)

【関連記事】
白百合女子大学チアリーディング部
プロ意識を目覚めさせるオリックス・チア新ディレクターの挑戦
桜モチーフの日本限定「MINI」販売 チアリーダーが日本を元気に 
新宿西口でエールを贈る「謎のチアガール」とは
米49ersチアリーダーが関空増便PR

<児童買春容疑>35歳中学教諭逮捕…「若い子が好きで」(毎日新聞)
捜査員同宿「違法の疑い」=殺人の無職男裁判員裁判−大阪地裁(時事通信)
不法投棄、罰金を最高3億円に=改正廃棄物処理法が成立(時事通信)
橋下知事「見えぬ民意・敵…民主政治しんどい」(産経新聞)
<将棋>名人戦第4局 羽生一気に防衛か、三浦意地の1勝か(毎日新聞)
posted by シヨウジ サダオ at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。