2010年04月06日

<検察審査会>PRのDVD制作 最高裁(毎日新聞)

 最高裁は30日、検察の不起訴処分の妥当性を審査する「検察審査会」をPRするDVD「検察審査員」を制作したと発表した。PR映像の制作は92年以来18年ぶり。2回「起訴相当」を議決すれば対象者が起訴されるようになるなど、09年5月から検察審査会の機能が強化されたことを受け、約700万円をかけて約1000枚作製した。

 DVDはドラマ形式で35分間。主人公が検察審査員に選任され、自動車運転過失致傷事件を審査し議決する場面を描いている。

【関連ニュース】
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
福知山線事故:遺族の思い届く 歴代3社長起訴議決
福知山線事故:JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
水戸検察審:男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決
社説:JR歴代社長起訴 企業体質が裁かれる

公明・神崎元代表が最後の質問 4月1日に引退表明へ(産経新聞)
普天間移設 5月末決着目指す 外相、米国防長官に伝達(毎日新聞)
参院選2人擁立 鳩山首相「小沢幹事長の方針」(産経新聞)
<春の新聞週間>福山雅治さん、小泉今日子さんに聞く(毎日新聞)
保育所で1歳児大やけど、高温の湯で体洗う(読売新聞)
posted by シヨウジ サダオ at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。