2010年03月26日

米、幅広い考え持っている=普天間問題で首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は21日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、米政府が普天間の継続使用かキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移す現行案の履行しか認めないとの一部報道について「承知していない」と述べた。また、「米国も現行案がベストだと思っていると思うが、それだけにとらわれない幅広い考え方も持っていると思う」との認識を示した。都内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
閣僚会議で県外移設の議論を=社民党首
鳩山首相と関係閣僚が23日協議=政府案決定へ詰め
勝連半島沖への移設に反対=普天間移設で意見書
普天間「県外移設、難しい」=鳩山首相認める
県内移設2案、重ねて拒否=仲井真沖縄知事

外国人の子ども手当に国内居住要件を検討 長妻厚労相(産経新聞)
探幽の雲龍図と確認 京都・興正寺の掛け軸(産経新聞)
パトカーが信号無視=衝突、2人にけが負わす−神奈川県警(時事通信)
「小沢氏に何も言えない」=解任容認の首相批判−民主・生方氏(時事通信)
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁(医療介護CBニュース)
posted by シヨウジ サダオ at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。