2010年06月03日

覚醒剤密輸で無罪主張の被告に有罪 大阪の裁判員裁判(産経新聞)

 中国から覚醒(かくせい)剤約700グラムを密輸したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)罪に問われたタクシー運転手、石田正昭被告(37)の裁判員裁判の判決公判が31日、大阪地裁であった。

 細井正弘裁判長は「共犯者の供述などから、覚醒剤を運んだ事実が認定できる」として懲役8年、罰金500万円、追徴金約3100万円(求刑懲役11年、罰金500万円、追徴金約3100万円)を言い渡した。

 覚醒剤は押収されておらず、石田被告は「中国で運搬を断った」と無罪を主張したが、細井裁判長は「共犯者と連絡を取り合って航空券を購入した事実と明白に矛盾する」と指摘。覚醒剤が税関で発見されなかった点も「不合理とはいえない」と判断した。

 判決によると、石田被告は平成21年5月14日、中国から関西国際空港に覚醒剤687グラムを持ち込み、検査場を通過させて輸入。共犯者2人の覚醒剤約1・8キロは空港で発見された。

【関連記事】
覚醒剤密輸「中国で断った…助けてください」
手の震えで密輸発覚…覚せい剤飲み込んだ男逮捕
薬物犯罪、目立つ地域格差 国際空港を管内に抱える地裁に起訴集中
赤野死刑囚、密輸図った覚醒剤 出所は北朝鮮?
赤野死刑囚が中国で家族と面会か 連絡待つ日本側

民主・辻議員、検察審事務局に接触=陸山会事件への影響は否定(時事通信)
【ワイドショー通信簿】鳩山首相コンサート 席立ち始めた選挙民
エルメス専門店で出店荒らし、被害2千万円 大阪(産経新聞)
バンコクで邦人2人逮捕=日本への不法入国手助け容疑も(時事通信)
口蹄疫対策特措法案、28日成立へ(読売新聞)
posted by シヨウジ サダオ at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。