2010年01月31日

<陸山会土地購入>小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件は、23日の小沢氏への事情聴取後もなお疑問が残る。小沢氏は購入原資として個人資産を詳細に説明したが、07年には「政治献金」と説明。元私設秘書の同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)=政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕=らの供述との食い違いも目立つ。一方、小沢氏の刑事責任追及に向けては多くのハードルがあるとみられる。

 ◇原資の説明変遷

 事件の舞台となった土地購入は07年に「政治資金による蓄財」との批判が高まり、小沢氏は同年2月に会見。「献金してくれた皆様の意思を大事にし有効に使う方法」と語り、間接的に原資を「政治献金」と説明していた。昨秋以降、再び土地購入問題が注目されると、取材に対し「4億円の預金を担保にして金融機関から同額を借り入れ、これを充てた」と変化した。

 昨年12月26日、毎日新聞が初めて原資を「小沢氏側のプール金」と報じると「捜査対象のため回答は差し控える」。その後「個人の資産」と変遷し、23日には「(以前は)個人資産の中身を公表する必要はないと思った」と釈明した。

 説明の変遷は事件のとらえ方にも見られ、「計算上のミスはあったかもしれない」(12日の会見)「形式的なミス」(16日の党大会)などの発言が、23日には「担当秘書が行っており、私は関与していないので分からない」と一変した。

 ◇報告聞き流し?

 東京地検特捜部による小沢氏への事情聴取に伴い、元私設秘書の池田光智容疑者(32)=同=の供述が新たに判明した。池田元秘書は07年、土地購入代金の4億円を小沢氏に返還しながら政治資金収支報告書に記載しなかったとして逮捕されたが、陸山会を含む小沢氏関係の5政治団体の年間収入や支出、資金残高などを毎年報告していたという。これに対し小沢氏は「報告はあったかもしれないが、虚偽記載については聞いてない」と検事に説明したとされる。

 虚偽記載をうかがわせる報告は、既に石川議員も供述。04年の土地購入の際、小沢氏から受領した4億円を支払いに充てながら収支報告書に記載せず、直後に陸山会などの資金で4億円の定期預金を組んで金融機関から同額の融資を受け、これを小沢氏からの借入金として収支報告書に記載したことについて「先生の手持ち資金を隠すため借入金の形をとった」と認めている。

 この会計処理は小沢氏に報告していたが、小沢氏は聴取で「以前に陸山会が不動産を購入した際にも金融機関から個人での借り入れを要請されたことがあったので、(石川)秘書から銀行の書類に署名するように頼まれ、そういう理由からと思って署名したことはある」と虚偽との認識を否定。虚偽記載について「何のメリットもない」と強調した。

 ◇立件へのハードル

 外形的には石川議員や池田元秘書が虚偽記載を「報告」し、小沢氏が「了承」したようにも見えるが、最大のネックは小沢氏を含め3人とも「会計責任者」ではないことだ。

 規正法は、正しい収支報告書の提出を会計責任者に義務づけている。当時の会計責任者は小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)=同=で、石川議員や池田元秘書は虚偽記載を大久保秘書に報告したと供述(大久保秘書は否認)している。しかし、会計責任者ではない小沢氏は「大久保秘書と共謀したり明確に虚偽記載を指示したようなケースでなければ、単なる報告と了承で規正法違反に問うのは難しい」(ある法務・検察幹部)。

 また、原資が建設会社からの提供資金と結び付かず小沢氏の手持ち資金と認定された場合、悪質性を巡っても議論となりそうだ。

【関連ニュース】
民主:陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」
小沢氏団体不透明会計:小沢氏「今後も協力」 「包み隠さず説明」−−聴取後会見
小沢氏団体不透明会計:小沢氏、事情聴取 「裏金、一切ない」虚偽記載、関与を否定
小沢氏団体不透明会計:小沢氏聴取後会見 強硬転じ「捜査に協力」
社説:小沢氏聴取 「秘書任せ」は疑問が残る

<陸山会土地購入>小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)
普天間問題で首相「結論先送りしてよかった」(産経新聞)
ダボス会議、首相代理で出席へ=仙谷担当相(時事通信)
義務化の火災警報器、どうしたらいいの? 取り付けは正しい場所に(産経新聞)
3年ぶり2000億円超え=09年映画興行収入−映連(時事通信)
posted by シヨウジ サダオ at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠症における入眠困難改善薬ロゼレムの承認を了承(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会(薬食審)医薬品第一部会は1月29日、武田薬品工業の「不眠症における入眠困難の改善」を効能・効果とするロゼレム錠(成分名ラメルテオン)の製造販売承認の可否など3品目について審議し、承認することを了承した。ロゼレムは既に米国など4か国で承認されている自然睡眠を誘導するメラトニン作動薬。厚労省の担当者は「既存薬に比べて作用が穏やかで、ふらつきの副作用が少ないため、最初に使用する薬になり得る」と話している。

 新有効成分はロゼレムのみ。それ以外では、日本アルコンの緑内障・高眼圧症治療薬デュオトラバ配合点眼液(トラボプロスト/チモロール)の製造販売と、田辺三菱製薬の関節リウマチ治療薬レミケード点滴静注用(インフリキシマブ)の「既存治療で効果不十分な強直性脊椎炎」の効能・効果の追加の承認を了承した。ロゼレムは、既存の不眠症治療薬とは異なる新しい作用メカニズムを持つため、3月の薬食審薬事分科会でも再度審議される。


【関連記事】
【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定
生活習慣病領域でOD錠が増加
高中性脂肪治療薬の国内フェーズ3試験を開始―武田薬品
タケプロンに効能追加申請―武田薬品
酸関連疾患治療薬の国内フェーズ2試験を開始―武田薬品

小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気(産経新聞)
大久保秘書の公判延期=西松建設事件−東京地裁(時事通信)
富田林の飲酒ひき逃げ事件 弁護側が上告(産経新聞)
<3月失職予定者>6440人増加 パートが過去最多に(毎日新聞)
<火災>事務所兼住宅の一部焼く 1人死亡 大阪・城東(毎日新聞)
posted by シヨウジ サダオ at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

リコール シャープの両開き式冷蔵庫97万台 扉が落下(毎日新聞)

 経済産業省と消費者庁は26日、シャープ製の左右両開き式冷蔵庫の扉が落下して、けがをする事故が4件あったと発表した。うち1件は足を骨折し重傷。同社は対象製品約97万台についてリコール(無償点検・部品交換)を実施する。

 経産省と同社によると、昨年6月、茨城県で50代の女性が上側の冷蔵室の扉を開閉したところ、扉が外れて女性の右足の上に落ち骨折した。ほかにも同様の事故で3人が足などに軽傷を負った。ちょうつがい部分にガラス瓶など硬い物が挟まった状態で扉を閉めたため、扉の開閉部に余計な力が加わり、破損したとみられる。

 対象製品は、96年12月〜01年8月に製造された「SJ−WA35C−C/H」や「SJ−WE38A−G/H」など48機種。問い合わせは同社(0120・404・511)。【奥山智己】

【関連ニュース】
シャープ:4色カラーフィルター液晶テレビ発売 世界初
シャープ:世界初の「4原色」TV 黄色フィルター搭載
シャープ(6753) 液晶の競争力増大。(シティグループ証券)
シャープ(6753) 太陽発電やLED照明への期待が高まる。(東海東京調査センター)
NTTドコモ:「新ドコモ宣言」 価値観、生活に合わせた22機種発表 「PRIME」など4シリーズに

<商標>「中原中也」の出願拒否 特許庁(毎日新聞)
落語協会 柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)
「無料お試し」宅配ビデオ、知らぬ間に利用料(読売新聞)
「幹事長として頑張れ」「国民へ説明を」=小沢氏聴取控え閣僚から発言(時事通信)
ターゲット「スイーツ男子」 大阪でチョコ試食会(産経新聞)
posted by シヨウジ サダオ at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。